きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 便秘対策
  3. 便秘が肌に影響するって本当?

便秘が肌に影響するって本当?

便秘はお肌にも大敵と言いますね。
でも、そういう意味で大敵なのでしょう。

便秘って吹き出物やニキビには、特に良くないと言われています。
便秘によって腸の中に長く止まってしまうと、排出するはずのものからどんどん毒素が体内に吸収されてしまうことになるのです。

腸から吸収されたものは、体中に送られていきます。
それによって乾燥肌になったり、肌トラブルにつながるようです。

便秘になるには生活習慣に問題がある場合や、精神状態に問題がある場合などいろいろあります。
多くは生活の乱れ、食生活、間違ったダイエット、ストレス、運動などの問題が便秘の要因になっていることが多いようです。

また、食物の中にもいろいろな成分があり、例えば野菜には農薬分などのいろいろな良くないものがたくさんあります。
それを一度は体外に出そうとするものの結局、便秘ということで体内に吸収されてしまうわけですから、肌にも影響があるのは当然のことですね。

便秘が進むと肌がむくんだり、老廃物がたまってしまったりするので、見た感じもぼてっとした様子になり、いつも毛穴が広がっている状態になります。

いつも毛穴が広がっているような状態では肌はたるみ、シワは深くなり、ツヤは消えてしまうという状態になってしまいます。

その上、その毛穴の中にごみが入れば全体が薄汚い感じになります。
それが炎症を起せばニキビやふきでものにもなります。

肌の透明感はなくなり、いつも熱を持ったような感じの肌になってしまいます。

便秘をしていることで、老廃物がいろいろなところに問題を広げていきます。

便秘が改善され腸の調子が良くなると代謝も進み、それによって肌の再生もきちんと行なわれるようになります。
老廃物は健康だけでなく美容にも相当大きな影響を与えるものだったようですね。