きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 美肌の作り方
  3. そのクレンジング剤は肌に合っていますか?

そのクレンジング剤は肌に合っていますか?

クレンジングといっても色々な種類がありますが、今お使いのクレンジングは本当に今のお肌に合っているのでしょうか?

よくクレンジングは母と共用で使っているという声を聴きましたが、本当にそれで良いのでしょうか?

クレンジング選びを失敗してしまうだけで、かなりお肌に負荷がかかってしまいます。たっぷり時間をかけて塗ったメイクを素肌に戻すのがクレンジング、さりげなく使っていますが本当にメイクだけを綺麗に落としているのでしょうか?保護膜を破壊していませんか?

クレンジングはこう選ぶ

今「ポイントメイククレンジング」というものも販売されています。そうですよね、メイクの中で一番濃く、長い時間をかけてメイクをするのが”目元“です。その目元と他の肌(おでこや頬など)が一緒のクレンジングというのもおかしな話です。

なぜならば、塗っている量や濃さが全然違いますから。だいたいの方が目元のメイクの落ち具合で「しっかり落ちる」「ぜんぜん上手く落ちない」という評価をしてしまい、商品を選んでいます。

目元基準で選んで、しっかり協力に落とすものを選んでしまうと皮膚が薄くあまり濃く化粧をしていない箇所に負荷がかかってしまうのです。ですので、出来ればポイントメイク落としとクレンジングを分けて使用して頂きたいのです。

ですが、コストや時間を考えるとなかなか難しい・・・そう思われる方も多いのが現状。

すぐできるエコなクレンジング方法

そうしましたら、キッチンから”オリーブオイル“を持ってきて下さい。本当でしたら、アーモンドオイル“や”ホホバオイル“などがあると良いでしょうが、そんなお洒落なものはあえて購入しないとなかなかありませんよね?

ですので、”オリーブオイル“で充分です。保湿力の高いオリーブオイルを使用する事で乾燥からもしっかり守ってくれますし、オイル=油がメイクを浮かして取り除いてくれるのです。ファンデーションやアイシャドウなどはだいだい「油」で出来ているものが多いのです。

まず、コットンにオリーブオイルをたっぷりしみ込ませ、それを目元に置いて馴染ませます。まつ毛の流れに沿って上から下にふき取るようにしましょう。しっかりメイクをされている方は気持ち1分くらいパックをしていただくとよりマスカラなどが浮いてきて落としやすくなります。

正しいクレンジングの手順

このようにして集中パックのようにアイメイクオフをしたら、全体のクレンジングに進むのです。なので、お風呂に入ってメイクを落とすからは、入る前にアイメイクだけ落とす習慣に変えていただくと良いですね。

お顔全体のクレンジングにもやり方があります。まずお使いのクレンジングを手のひらにとり、額・鼻にかけてTゾーンを中心に指の腹を使って優しく馴染ませていきます。

その次に頬などのUゾーンにクレンジングを馴染ませていきます。この時もうアイメイクはクレンジングしていますので、念入りに馴染ませず、最後の仕上げに目元・口元に軽く馴染ませてすすぎます。流すときはなるべくお水でなくぬるま湯を使用しましょう。

油はお水だとはじいてしまい落としにくいのです。かと言ってベタつきが残るから熱めのお湯を使ったりしてしまうと肌の乾燥が進んでしまったりする逆効果になるので気を付けましょう。

ある程度のベタつきは気にせず、洗顔して頂ければ十分なのです。

いつも行っているクレンジングの見方を少し変えてみてください。

私も意識を少し変えただけで、お肌の調子があまり乱れなくなってきました。すべては何事も「面倒くさい」という言葉で怠ってしまう自分が招いていることなのです。