きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 美肌の作り方
  3. お風呂は美肌の磨き処

お風呂は美肌の磨き処

お風呂には美肌にとっては磨き処と言えるんですよね。
まず、磨き処にしたければシャワーで簡単に済まさないで、湯船にちゃんと入ることです。

まず、お風呂に入ることで代謝がアップし、血行がよくなり体内の老廃物もどんどん流れていきます。
ある意味の日本版でドックスとでも言えるわけですね。

メイク落としもクレンジングを顔に塗り込み、後はお風呂に入ることで、お風呂の湯気で毛穴が開き角質も柔らかくなるのでこすらなくても軽くメイクが落ちるようになります。

また、お風呂に長めにつかることで発汗作用によって、新陳代謝が活発になることも美肌にはとてもいいことですね。
毛穴が開いて皮膚が柔らかくなったところでパックなどをすると、とても効果が期待できます。

もちろん精神的にもリラックスができるので、ストレスによる肌あれにも効果があります。
ストレスによってホルモンバランスが崩れることで、肌にすぐ影響が現われます。
また、乾燥肌にもなる要因はこのストレスともいわれています。

このようにお風呂に入ることでいろいろなことに、いい影響が起こってきますね。
サウナと同じような効果があると言えるので、逆にそれを利用して、半身浴をするのもいいですね。

お風呂に入った場合は15分たったら湯船から出て10分休みというふうに繰り返しましょう。
また、長くお風呂に入る場合は、心臓の下までつかるようにしなければ、心臓に負担がきますので注意しましょう。

しっかり長風呂をしたら、最後に水を足の方から上まで徐々に掛けて終わりにしましょう。