きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 美肌の作り方
  3. メイク崩れ予防・ノリが悪い時のスキンケア方法

メイク崩れ予防・ノリが悪い時のスキンケア方法

「眠っているよりメイクをしている時間の方が長い・・・」という方も多いのではないでしょうか?年齢を重ねるにつれ、メイクをしている顔の方がみんなに知れ渡る顔になってくるのですよね・・・。

そして朝の準備時にメイクをした時が1番綺麗な状態ではないでしょうか。その状態をいつまでもキープしたいのに、お昼すぎてくるとだんだん化粧が崩れてきてしまうことありませんか?

仕事終わり、学校終わりに友達とご飯や恋人とデートなどのイベントがあるのに、化粧が崩れてしまっては残念ですよね・・・。

みなさんはどのようなメイク直しをしていますか?メイク直しも色々な方法があります。その数多くあるメイク直しからピックアップしてご紹介してみます。

朝からのメイク崩れ予防

まず朝メイクをする段階でメイク崩れを少し予防することが出来ます。

朝の準備段階でしっかり“スキンケア”を行いましょう。ついつい「朝だからそんなに汚れていない」と勘違いし、水でシャシャっと洗うだけで洗顔を終えている方も多いですが、人間は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかくと言われています。

それは冬の寒い時期でも同様なのです。毎日汗をコップ1杯かいている状態でしたら、当然枕や布団なども汗から菌が繁殖していると考えて良いですよね。

そうすると、寝ている間に体も同様ですが汗にホコリなどが付着し、枕カバーなども清潔な状態を保っていなければ顔にこすれて肌荒れなどを起こししまうことがあります。

そのようなリスクがある状態なのに、朝起きて水洗いだけで済ましてしまうとお肌のコンディションは決して良いとは言えないのです。

ミルククレンジングで一度肌を綺麗に

ですので、朝起きたらまず敏感肌用のミルククレンジング(ふき取りなどで良いでしょう)で綺麗な状態にしてからお肌質にあった洗顔を行いましょう。

クレンジングで1度角質やお肌の汚れなどを乳化してお肌表面を綺麗な状態にしてからの方がメイクのりも良くなります。

ここで気を付けなければいけないのが、少しでも乾燥すると感じている方はオイルクレンジングを選んでしまうとお肌表面にある”潤い層“を破壊して、逆に乾燥を進めてしまい、変に皮脂が出てしまうというように肌が混乱してしまいます。

ですので、肌質にあったクレンジングを選んでください。メイクを落とすわけではないので優しいクリームやミルクタイプで十分でしょう。

ファンデーションを乗せるタイミングが重要!

そして洗顔後は化粧水・乳液などを使用しますよね。使用した後にすぐ化粧下地・ファンデーションを乗せてはいませんか?

順番は良いのですが、ここでのポイントは“ファンデーションを乗せるタイミング”です。朝は時間がなく、パパっと済ませたいという方も多いですが、1番時間をかけて欲しいのがこのベースメイクの時なのです。

化粧水・乳液からすぐにベースメイクを始めてしまうため、肌表面に残った乳液が”崩れの原因“となっているのです。つい焦ってどんどんすごく早いスピードでメイクを進めてしまっているのが原因となっていたのです。

乳液がしっかり入ったのを確かめてから(肌表面がツルっとしたら)ベースメイクを始めましょう。そして、ファンデーションものせてすぐ粉をはたくのではなく、スポンジやティッシュなどで余分なファンデーションを吸い取ってからお粉を使用すると良いでしょう。小鼻のわきの窪みなどから崩れ始めてしまうことが多いので、その辺りの凹凸をしっかり整えましょう。

メイクのノリが悪い時のアドバイス

まず、メイクのノリが悪いと感じた時はだいだい肌表面が乾燥して悪いと感じる方が多いようです。(肌がザラザラ、ゴワゴワ滑りが悪い)そのような時の速攻対策としては「保湿パック」が有効のようです。

乾燥した肌は角質が厚くなり、乳液や美容液などがなかなか浸透していきません。そのような時は「保湿パック」なのです。「保湿パック」も色々とありますよね。

韓国ブームから安くて有名な物で主に“シートパック”(化粧水・美容液がヒタヒタにしみ込んでいるもの)が主流ですね。

今回のような場合はシートパックより、昔から愛されている固まるタイプのパックがオススメです。モンモリオナイトという粘度成分や1時期流行った黄土パックなどのクレイタイプのフェイスパックを使用する方が良いでしょう。

なぜならば、肌表面の角質ケアと保湿を同時にしてくれ、お肌の奥まで保湿を浸透させるには好都合なのです。

ですので、乾燥が気になる冬場などは週に2回程度行うと良いでしょう。

化粧のりが悪いのを解消するのにおすすめのコスメ

化粧のりの悪さの原因が分かったでしょうか?

つまり、保湿が以下に上手にできているかがポイントです。洗顔で保湿成分を毎朝洗い流している人もいれば、保湿ケアがうまくできておらず、ファンデーションなどが肌と密着しない人もいます。

化粧のりが良い人とそうでない人の差は、普段のスキンケアが上手かどうか。スキンケアがちゃんとできていれば当然肌も綺麗になるし、化粧もバッチリ乗る。綺麗な人は綺麗になるべくことを実現できているとうことですね。

特に重要なのが、肌表面ではなくて内側、角質層の水分と油分のバランスです。角質層に水分と油分の層が十分にあると肌はふっくらとし、ベタつきもなくサラッとしているのに化粧ノリがとても良くなります。その決め手となるのがセラミド。だからセラミドは保湿化粧品に多く含まれているのです。

【1】化粧のりを良くするスキンケアコスメ

rara

天使のララ~洗顔後に付けるだけで化粧のりアップ

洗顔後に付ける簡単導入美容液です。

化粧のりが悪い肌をほぐして柔らかくし、水分と油分のバランスを整えて化粧のりがいい肌状態を作ってくれます。

これのあとは保湿性の高い乳液やクリームなどを1点加えるだけ。化粧のりが悪化してごわついている肌を角質層からモチっとさせるので、コレ以上の特別な化粧品は必要なし。今手持ちのスキンケア化粧品の満足度が変わります。

水分をたっぷりと与え、セラミドで油分とのバランスを整え、高純度コラーゲンでプリっと維持。化粧のりはもちろん、肌環境が整うでファンデーションのヨレがなく均一に。そして日中、夕方の化粧崩れ予防にも。

初回は980円。満足いかなければ返品O.K.の安心メーカーです。

天使のララ導入美容液を見てみる

【2】化粧のりを良くするスキンケアコスメ

creal

クレアル~メイク前の化粧のりアップ+スキンケア

お化粧前、そして夜のスキンケアもこれ1つで化粧のり対策ができるオールインワンゲルです。

オールインワンにありがちな「入っていかない」問題を高圧乳化処理で解消。肌表面に成分を残さず、角質層内側からしっとりとした肌表面を作ります。

だからお化粧前にサッと伸ばすだけでメイクのりがアップ。皮脂トラブルが多い人も対象に作られているので、皮脂くずれが気になる人にもぴったり。

合成界面活性剤やエタノールなど不使用。肌にいいから朝も夜も使ってO.K.!朝はメイクのりアップ。夜は肌を育てるスキンケアアイテムとして活躍。使い続けることで肌環境を最適化。忙しい朝のドタバタでもササッとメイクが決まるようになります。

初回は送料のみ。継続購入タイプですが縛りがなく、本商品が実質トライアルとして使えます。あれこれ複数点使い、肌を触る機会を増やしていることが化粧のりを悪くしていることも。同じ金額をかけるならクレアル1つのほうが化粧のり即効アップもできて賢い選択でしょう。

クレアル・オールインワンゲルを見てみる