きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 美肌の作り方
  3. シャワー派は手抜きケアになっている?

シャワー派は手抜きケアになっている?

人それぞれお風呂の入り方って違うと思いませんか?

小さい頃に自然と身についた両親などのお風呂の入り方が染みついていますよね。外国の方などの文化を知るとまた結構入り方1つにかなり違いがみえてきます。

日本は昔から「銭湯」文化がありますので、湯船に浸かる習慣がある方の方が多いと思いますが、海外の文化と入交、シャワー派の方も増えてきました。

とくに夏場などは「暑くて湯船になんか入っていられない!」という声をよく耳にします。ささっとお風呂を済ますことが出来て、短時間に済ませたいならお湯をはらずに済ませた方がコストはかかりませんよね?

ですが、シャワー派の方は美肌を目指す上でとても不利な面も多いのです。

お風呂に入るだけで美肌効果がある

まず、湯船に入る方とシャワー派の方とでは「角質」の取れ方が大きく変わってきます。湯船に入る習慣の方はしっかり体を温めることでまず1日のたまった疲れがしっかりほぐすことができます。

そうするとお肌表面もしっかり柔らかくなり、湯船に入っているだけで角質を柔らかくしてくれるのです。ですので、しっかり湯船につかってから軽くシャワーで全身を流し、お体を洗うことでしっかり日々蓄積しやすい角質をケアできるのです。

シャワー派の方はお体をしっかり温めることができないままお体を洗うことになることが多いようです。ですので、お肌全体がほぐれていない状態で洗うので、しっかり角質まで洗い流すことができにくいのです。

これは角質だけでなく、体のむくみも同様に言えます。しっかりお体を芯まで温めることが出来ないので、今日の疲労を取り除くことができにくいのです。そうして代謝が悪くむくみが一向に取り除くことが出来ないのです。

でも、美肌が欲しくてもついつい疲労で面倒くさくなりシャワーになってしまう・・・のですよね?

シャワー派なだけで湯船につかるのとここまで差がついてしまうという事が知ったうえで、シャワー派の方でも美肌になれるように”穴埋めの心がけ“をしましょう!

保湿力のあるスクラブで角質ケアをしよう

「角質」ケアについては、保湿力のあるスクラブを定期的にマメに行うことをオススメします。

スクラブというと各メーカーから色々な商品が発売されていますが、オススメは“つるつる”する物ではなく、”角質を柔らかくする“ようなスクラブをお選びするのをオススメします。

スクラブは削り落とすのではなく、固くなった角質を揉み解すイメージで行うと良いです。湯船に入って代謝が良くなってからの方が良いですが、シャワー派の方でしたら、2日に1回などのペースから肌が柔らかく実感するまでケアをすると良いでしょう。柔らかくなってきたらペースを遅らせていきましょう。

やはり、湯船につかる人と比べるとケアを受け付けるお肌状態が悪いので、日々のお肌を”柔らかくする“というところを中心に考えてケアをして頂くと良いと思います。

むくみは温冷シャワーでとる

そして、むくみについてですが、体を温める時間が少ないのでどうしても凝り・むくみが取りにくいのです。ですので、まず温かいお湯でゆっくりシャワー浴びましょう。体が温まったら次に冷水をほんの気持ち(30秒くらい)浴びせましょう。

そしてまた最後に温かいお湯のシャワーを浴びせましょう。このように交互に浴びせることで血流の流れが良くなり、足が軽くなるはずです!こちらは湯船に浸かって体を温める方にもオススメです。

今までは単に時間短縮でシャワーにしていたかたも、その日は手抜きをするのではなくシャワーならシャワーに合わせたボディケアを心がけましょう。

まずは、なりたい美肌に合わせたボディスクラブをぜひ探してみることから始めましょう。