きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 美の知識
  3. 夏のつけが秋に来る!?秋の美容ケアに注目!

夏のつけが秋に来る!?秋の美容ケアに注目!

猛暑日が続く日本列島・・・夏を満喫されている方も多く、プールや海、アウトドアなどを楽しんで日頃の溜まったストレスを解消!なんて方も多いかと思います。

ついつい羽目を外して遊んでしまうことも多いですよね。私もよく「あ!日焼け止めクリーム塗り忘れた!・・・ま、いっか♪」なんて事もあったりなかったり・・・。その羽目を外して遊んだツケが秋にどっと悲鳴を上げるのです!
体調が崩れやすくなったり、お肌がボロボロ・・・髪がバサバサ・・・全体的にうまくいかない!とストレスも溜まりやすくなります。

こうならないように各コスメメーカーもごぞっと新商品を発売します。主に乾燥対策や美白ケアなどのキャッチフレーズを並べるのです。そもそも秋のスキンケアの根本を知っておかなければ、実際どんな物を使用したよいか分からないですよね?具体的に秋の特徴を知っておきましょう。

夏のせいで秋は乾燥肌になりやすい

秋は夏に浴びてしまった紫外線での負荷が現れやすくなります。外の空気も乾燥し、肌表面もその乾燥に耐える免疫力が低下しているので、「乾燥肌」になりやすくなる方が多いようです。

胃の調子が崩れやすい

そして、あまり知られていないのが、秋の肌トラブルは「胃」からも来るということです。

夏は主に「冷たいもの」を食すことが多かったのですが、秋になるにつて「暖かいもの」を食すように食べ物のシフトチェンジが行われるため、「胃」が驚き、負担となり体調を崩しやすくなると言われています。

全体的なバランスを崩しやすくなりますので、身体の内部も健康的でないとお肌にも影響を及ぼします。内蔵美人を目指したいですね。その為には夏場でも冷たいものばかりとるのではなく、常温・温かい物を摂取するようにしておくのもポイントです。

また増えた…シミ・くすみ

紫外線後のお肌悩みでダントツ多いのが「しみ・くすみ」です。

シミはだいたい秋頃に発生してくると言われています。冬になると雪のような美白肌に憧れるようになり、余計に「シミ・くすみ」が気になってくるのかと思います。後々気にすることがわかっていて、なぜ防止しない?と普通なら思うでしょう。それが、出来たら苦労はいらないんですよね・・・。

美白肌に一気に戻すことはなかなか難しいですし、シミを消すというのもなかなか難しい話です。ならば、消す・無くすのではなく「目立たなくする」はどうでしょうか?

乾燥から肌をしっかり守り、体の内側・外側からもしっかりビタミンを入れてあげることが重要です。ビタミンは身体の中からも外からも入れるように心がけていきましょう。

緑黄色野菜を食生活に取り入れると心がけてみませんか?忙しくて中々とれない方はサプリメントをとるもの良いでしょう。そして、身体の外からもビタミンが導入できる美容液などを気になる部分にピンポイントでケアするのも良いでしょう。意識して生活するだけで「ビタミン」や「シミ」などのワードに敏感になり、日常生活に転がっている情報を自然と気にするようになります。

1週間トイレにTODOリスト(やることリスト)を張っておくのも良いでしょう、まずは習慣付けることが大切です。意識改革からスタートしてみましょう。

夏でダメージを受けた髪の毛をケアしよう

他にも秋といえばメイクもヘアスタイルもファッションもチェンジしたくなる時期ですね。さて、紫外線を無防備に浴びているのはお肌だけでなく、1番強くダメージを受けているのは「頭皮」「髪」というのはご存知でしょうか?

肌には「日焼け止めクリーム」などを使用するのは一般的に多いかと思いますが、さて髪の毛のケアはどうでしょう?・・・なにもしていない方も多いのではないでしょうか?

髪の毛用の日焼け止めクリームなども販売していますが、最低でもは何もしていない状態を避け、「ヘアクリーム」だけでも塗って髪の毛を保護するこが大切です。
髪のキューティクルは「熱」と「摩擦」にとても弱く、過度に当たるとキューティクルを壊してしまい、「艶が出ない」「パサパサ」「枝毛・切れ毛」というお悩みに繋がってしまうのです。

まずは紫外線などの熱から髪の毛を保護することです。
今、「なにも付けていない!」とあせった方は是非ヘアクリームをかるく馴染ませてからお出かけしていただくように心がけていきましょう。

ヘアクリームの付け方

「クリームを塗るとボリュームダウンが気になる」という方はつけ方を工夫してみませんか?まずは「つける量」です。

例えば1回分が10gなら3gずつ手にとってつけていったらどうでしょうか?1回に手に取りつけ始めるからムラになり最初にたっぷりクリームがついてしまったところが重たく感じてしまうのです。
1回分を3分割してバランスをとってつけていただければ、重たいと感じにくい仕上がりになります。

つけ方のポイントとしては、クリームは手のひらでよく馴染ませ1回目で髪全体のキューティクルを整えるために上から下に頭をなでるように整えます。

2、3回目で毛束を少しずつとり上からしたにストレートアイロンを掛けるように髪をなでていきます。この時、ストレートではなくふわっとした演出をしたい方は1度毛束を上から下になでたら、毛束を軽く捻りながら少し固めのワックスなどを軽くつけて行きましょう。そうすることにより、いきなりワックスを使用するときとくらべて、毛先まで潤ったように艶のある髪に仕上がります。

夏終わりの今はとても手間がかかりますが、ここでどれだけケアが出来たかで今後のお肌が変わってくるでしょう。年末年始のイベント季節を向かえる前に「綺麗な私作り」をしていきましょう。