きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 乾燥肌対策
  3. 乾燥肌の肌荒れ・薬に頼らない保湿ケア

乾燥肌の肌荒れ・薬に頼らない保湿ケア

乾燥による肌荒れは薬の前に保湿対策

乾燥して起こる肌荒れは、根本原因を治さないとまた肌荒れを繰り返します。

肌荒れを治す抗炎症作用のある薬は、炎症を沈めて赤みやかゆみ、いたみなどを和らげる効果があります。しかし、ステロイド系は皮膚への負担が強く、肌組織へのダメージからあまり薦められません。

乾燥による肌荒れなので、一番期待できるのはやはり保湿。

しかし、ただ保湿をしてもまた肌荒れを繰り返す人が多くいます。それはなぜなのでしょうか?

肌荒れを起こす乾燥肌の原因・状態はコレ!

肌荒れを起こすほど乾燥している肌の状態は、健康で潤っている肌に比べて以下の特徴があります。

  • バリア機能が低下している
  • 水分を閉じ込める力が低下している
  • 花粉や紫外線、化学成分の刺激を受けやすくなっている

バリア機能が低下している

バリア機能とは、肌の表面にある角質層の機能のことで、まさしく外部刺激から肌を守る役割のことです。

角質はさらに奥の新しい皮膚が変化してできたもので、魚の鱗のような感じにお互いが幾層にも重なり、横にも縦にもピッタリとくっついているのが通常状態。

この状態だと、花粉やハウスダストといった目に見えないほど小さな粒子も肌奥まで届かずブロックすることができます。

しかし、乾燥肌になると角質の並びが緩くなり、肌奥に花粉等が入り込んでしまいます。すると肌奥の神経に感知されてしまい、異物が入ったと炎症を起こしてしまいます。これが乾燥性の肌荒れの原因。

水分を閉じ込める力が低下している

乾燥肌になるということは、角質の並びが緩くなりバリア機能が低下している状態なのですが、これは同時に肌の水分を閉じ込める力も低下していることを表します。

ホテルの部屋は乾燥するので、お風呂にお湯を張ってフタを開けたままにする乾燥対策がありますよね?

でもあれってお風呂にフタをしていたらどうでしょうか?ほとんど水分が部屋にやってこずに乾燥しますよね。

これがバリア機能が低下した肌にも同じことが言えます。

花粉などが肌奥に侵入しやすいということは、肌の水分も外に逃げやすい状態です。だから、保湿してもすぐに水分が蒸発して逃げていくし、洗顔時に水道の水に引っ張られて肌内部の水分が出て行ってしまいます。

乾燥の肌荒れを治すには継続的な保湿+バリア機能の回復が重要

このように、乾燥と肌荒れは密接な関係にあり、そのどちらもが角質のバリア機能の低下にあります。

ではなぜバリア機能の低下、角質の並びが悪くなるかですが、それは乾燥とターンオーバーの乱れが両方いっぺんに起こっていると考えられます。

単純に肌が普段より乾燥気味になると、角質内の保湿成分が不足してきて、角質が萎縮、めくれたりして隙間が生じやすくなります。それをきっかけにどんどんと乾燥が進むのと同時に、肌のターンオーバーもおかしくなってきます。

ターンオーバーは皮膚の生まれ変わりのことですが、肌奥で新しい肌細胞が作られて、それが時間の経過とともに肌表面に上がってきて、最終的には角質となりバリア機能の役割を果たします。

そしてどんどん生まれる肌に押し出されるような形で、役割を終えた角質は自然に、または洗顔などで取れていきます。

ところが乾燥が進むと、保湿成分を十分に保有した角質を早く届けるために、ターンオーバーの期間を短くしてしまいます。いわばフル回転創業状態。

しかし本来ならもっと成長させてから角質になるべきところを急いでしまうため、とても未熟な状態、つまり、保湿成分をしっかり保有していない、定着しにくい状態で肌表面に上がってきます。

これが繰り返されると、どんどん未熟な角質ばかりになり、隙間だらけで肌荒れしやすい、さらに乾燥もしやすい肌となります。

この悪循環が、肌荒れを繰り返す乾燥肌の根本原因です。

薬に頼らない肌へ!バリア機能を回復させる保湿対策とは?

つまりバリア機能の回復ができると、乾燥肌も肌荒れも起きなくなるという理屈です。皮膚病とか何か他の原因があるとまた別ですけどね。

ではバリア機能の回復を目標とした場合、何が対策としてできるのか?

尿素配合クリームは使わなくていい

ここでやっちゃいけない(とまでは言わないけど危ないかも)方法というのが尿素配合の保湿クリーム。

尿素=保湿

というイメージが強いですが、尿素は乾燥して硬くなった角質を溶かすように柔らかくするものです。なので最初のとっかかりとしてはありなのかもしれませんが、継続して使いすぎるとバリア機能を余計に弱めます。角質を柔らかくして薄くしているようなものなので。

だから尿素◯%配合とか微妙な数字が記載されているんです。それ以上入れたら今度は肌荒れどころじゃない皮膚トラブルになるからです。

保湿は一時的だと効果が出ない!継続した保湿をする

バリア機能を回復させるにはターンオーバーを正常化させ、健康で成熟した角質で肌表面を満たすことが必要です。

この状態を作るには潤いが必要不可欠。先述のように、乾燥しているとターンオーバーが早められます。なので、まず今乾いている状態を改善しないといけません。

そしてその状態を継続させる。一時的に潤っても乾燥している時間があれば同じことですから。

肌荒れする乾燥した肌に薬以外の保湿対策

角質に潤いを持たせるには、乾燥していない状態の角質が持っている保湿成分を、化粧品等で補給してあげます。

角質内にある保湿成分は主に次の2つです。

  • セラミド
  • NMF(天然保湿因子)

両方とも脂分の性質があり、水分を肌内に蓄える機能があります。乾燥肌の人の肌はこの2つが大きく欠けており、水分を保持できない状態にあります。

この2つが含有された保湿化粧品を選ぶこと。

ただし、角質層の奥にまで浸透しないと意味が無いので、ナノ化されていたり、角質層奥にまで浸透する技術が使われているものを選ぶこと。

ターンオーバーを正常化させるための水分蒸発抑制機能

肌表面が潤えばターンオーバーが正常化に向かいますが、その潤った状態をキープしないといけません。

多くの保湿化粧品が発売されていますが、一時的に潤うものが多く、時間が経てばまた乾いてきてカサカサになるものが目立ちます。

これを防ぐには、何かしらの水分蒸発を予防する機能入りが求められます。

  • 肌にフタをして蒸発を防ぐ(いわば風呂のフタ)
  • 自ら水分を増やし続ける

肌にフタをするのはワセリンが有名ですが、べたつくのであまり使い勝手はよくありませんよね。また肌の呼吸を妨げてもいけません。

肌荒れに悩む乾燥肌に使える保湿化粧品の条件

以上のように、乾燥の肌荒れ対策として求められる保湿化粧品の機能。これを満たすメーカー・ブランドは以下のとおり。

条件としては、

  • セラミド配合
  • NMF配合
  • 水分蒸発を防ぐ機能

があることです。

肌にフタができる保湿化粧品

これを可能にしている保湿化粧品はポーラ・オルビスグループのディセンシアシリーズです。

ナノ化されたセラミド、NMFで角質の奥からしっかり保湿。モチモチ感のある肌へ導く技術が使われています。

特許技術で肌表面に人工的な角質を作り出し、乱れた角質をカバーして水分蒸発を防ぎます。

さらに花粉や紫外線など、肌荒れの原因となる刺激をも撃退できるので、保湿対策と肌荒れ予防が当時にできる優れものです。敏感肌専門ブランドなので、肌がヒリヒリ痛みやすい人にも使えます。

自ら水分を増やし続ける保湿化粧品

これを可能にしているのはコーセーの米肌(まいはだ)です。

ちょっと変わっているのが、直接的に角質にセラミドを与えない点。セラミドは当然自分の体で作られるものですが、ある成分によりその生成を促すことができます。米肌はその成分を主体としており、角質内部で自らセラミドを生成し、奥から中から潤うので、塗るだけの保湿化粧品と使用感が違います。

さらに空気中の水分を取り込む成分も配合。中からセラミドを作り出し保湿、さらに空気中の水分も取り入れて保湿。Wの保湿が続くので、潤いが長く続くのが特徴です。水分蒸発を防ぐ機能とともに、どんどん水分を取り入れる機能が乾燥知らずの肌へと導きます。

毛穴が開いて目立っている人はこちらも参考になります。
乾燥肌 毛穴の開き