きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 乾燥肌対策
  3. 肌の乾燥を防ぐには生地選びにも注意が必要です

肌の乾燥を防ぐには生地選びにも注意が必要です

肌の乾燥を防ぐには、衣服や生地選びにも注意を、と言うと「顔の乾燥なのに衣服も関係あるの?」と思うかもしれません。

確かに顔は洋服を着ているわけではないので、どんな洋服をしようがあまり関係がないように思えるかもしれません。

しかし実際には洋服の着替えの時などに顔を衣服でこするといった刺激を与えています。

何より大切なのは、顔の乾燥というのは「顔だけ」ではなく、体全体の乾燥肌からくる場合がほとんどという事です。

乾燥肌の人は顔だけでなく、腕や背中がカサカサしてかゆみを伴う事が多いのです。

こうした人はできれば化学繊維を避けて、肌への負担の大きい生地はやめておきましょう。よく洋服のタグが背中に触れてかゆくなったり肌が赤くなったりする人もいるでしょう?

まさにあれが洋服の刺激による肌のダメージなんですよ。

顔の乾燥について言えば、特に気を付けたいのが寝具です。

枕カバーや布団は顔に触れますね。

なるべく素材のよい、綿のものを選びましょう。ゴワゴワしたものや生地が硬いもの、古くなって手触りが悪いものも肌への刺激が強いので避けたほうが無難です。

冬場は毛布も使うかもしれませんが、枕や布団はカバーをつけるのが普通でカバーの生地などに注意を払うでしょうが、毛布についえはそのまま使っている人が多いのでは?

でも化繊の毛布も多いので、そうした場合には木綿の薄手のカバーをつけましょう。モコモコした暖かさがないとイヤ、という人なら首や顔にふれる部分だけも綿カバーをするといいですね。