きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. ニキビ対策
  3. ボディニキビのケア方法

ボディニキビのケア方法

女性の方にとってデコルテとは第2の”顔“と言われており、そして”顔“の印象を良くする”反射板“のような働きもありますので、明るければ明るいほどお顔の印象が明るくなるというわけです。

そんな時にデコルテにポチっとボディニキビがあると嫌ですよね。そもそもどうしてボディニキビが出来てしまうのでしょうか?

とくに女性の方はとてもニキビが出来やすい環境がたくさんあります。

ボディニキビが出来やすいところは別ケア

まず、女性はブラジャーなどの下着の締め付けなどでできやすこともあるそうです。よく、胸の谷間などに出来たりすることもありませんが?

ブラジャーなどの下着で胸が締め付けられているとそこに過剰に皮脂が溜まりニキビになりやすいのです。その過剰に皮脂が溜まっているところと他の部位を同じように洗っていてはいけません。

皮脂をしっかり取り除けるボディソープを使用する事がオススメです。私は香りの好きなボディソープの後にボディニキビが出来やすいところだけ、さっぱりタイプのスクラブや化粧水などで整えます。顔と同じようにニキビの出来てしまった所へピンポイントケアを行いましょう。

ボディパウダーのすすめ

そして、ピンポイントケアでもう1つオススメは「ボディパウダー」です。寝ている間に人は沢山の汗をかくので、その時に菌が繁殖してという場合もありますし、吸水性の悪い生地のパジャマですと皮脂の逃げ場がなくそこから菌が繁殖したり、衣類で擦れてしまったりして荒れてしまうケースもあります。

朝のシャワーなどで流せなかったりしますと角質が溜まり、お肌は決して良いコンディションではありませんよね。

ですので、寝汗を書いている実感がある方はぜひ「パウダー」の使用をオススメします。余分な皮脂をしっかり吸収してもらいましょう。

体を洗う前にシャンプー・コンディショナーを行う

次に体を洗う前にシャンプー・コンディショナーを行うことです。コンディショナーを最後に行ってしまうと、流しきれなく体に付着したコンディショナーの油分から肌荒れを起こすことがあります。洗うタイミングを変えるだけでニキビが出来にくくなるかもしれませんね。

とくに背中、デコルテ、胸などに多くボディニキビが見られ気にされる方も多いと思います。無理に潰してしまうと、後々にニキビ跡となってしまいますので、潰さずにケアをしていきましょう。

殺菌・抗炎症に効く成分はこれ

殺菌力成分でいうと、オーストラリア先住民から傷薬として愛用されていた”ティーツリー“という成分がオススメです。

色々な殺菌化粧水などで使用されていたり、アロマオイルとしても使用されていますが、オーストラリアでは今でもポピュラーな自然療法で使用されている植物です。

余分な皮脂もしっかり抑えて殺菌効果が期待できますので、ぜひピンポイントケアなどで使用すると良いでしょう。女性の方は生理前(1週間前)などで体温が高くなり皮脂の量が多くなりやすい時期だけ切り替えてあげたりするのも良いです。

他にも“カラミン”といった炎症を抑える成分も荒れてしまった所にオススメです。こちらも古くから人々に愛されてきた成分の1つです。カラミンの中には“酸化亜鉛”といった炎症を緩和できる成分が含まれているので、皮膚炎や湿疹などのお薬などに含まれていたりします。

各メーカーでも洗顔料からボディケア、保湿クリームなどケア商品に含まれていますので、ぜひ商品を選ぶ際に商品ラベルの”使用成分”部分をチェックしてみてください。

使用成分は、書かれている順番で配合割合がわかります。最初に書いてあればあるほどその成分を多めに使用しているということですので、ぜひこちらのオススメ成分が何番目に書かれているのか?などもチェックしてみると良いでしょう。

汗が溜まったら、しっかり取り除きます。汚れたら綺麗に・・・基本からぜひ始めてみましょう!