きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. ニキビ対策
  3. ニキビの要因の悪玉菌ってどんなもの?

ニキビの要因の悪玉菌ってどんなもの?

ニキビにはいろいろな要因がありますが、直接的要因というと角質のかすと皮脂が毛穴にたまります。

毛穴は汚い環境になり開いてしまう。
そこには悪玉菌が入り込み住み着き炎症を起します。

これがニキビの過程ですよね。
ではこの悪玉菌ってなんなのでしょう?
どうやったら退治できるのでしょう?
はたして退治したいいのか?どうやったらできるのか?

悪玉菌の正体を知ることで予防ができるかも知れません。

われわれの肌には常在菌という菌がいろいろな種類存在しています。
アクネ菌、ブドウ球菌、マセラチア菌などは聞いたことのある菌ではないでしょうか。

しかし、これらは増えすぎなければ悪玉ではなくなるのです。
肌に付くいろいろな雑菌を食べてくれるもので、居なくなったら大変なのです。
でも、角質のかすが詰まっているところなどではどんどん繁殖して多くなりすぎると悪玉なってしまうのです。

それと、目には言えないニキビダニというダニも肌に付いていることがあります。
このようなものが毛穴の中の温度とふんだんにある餌で、以上繁殖してニキビをつくってしまうのです。

つまり、悪玉菌などを嫌うより、たまり場をつくらない肌をつくればいいということですね。
そうすれば、肌の監視団にもなってくれるわけです。

まずは悪玉菌に変身するような巣窟をつくらないように、肌を正常にしていきましょう。
単純に悪玉菌をなくすために何回も洗顔することやごしごし洗顔することは、逆効果になりますので絶対にしないようにしましょう。