きれいな女の美容方法

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. ニキビ対策
  3. ニキビの正しい潰し方

ニキビの正しい潰し方

ボコっと大きなニキビが出来てしまったとき・・・気になって気になって思わず「潰してしまった」という経験ありませんか?

とくにニキビの中が白く膿のようなものがあるのを感じた時など私は爪の先で穴を開けて膿を出していたこともありました。

白い膿がなくなるまで絞り出していた末に、血が出てしまったこともありました。これは確実にお肌に傷をつけてしまった証拠ですよね。

今思うと恐ろしく、同時に後悔する話です・・・。

「ニキビが出来たら触っちゃダメ!」そのように言われてもついつい気になって潰して凹凸だけでも無くしたいのが本人の正直な気持ち・・・。潰したら痕になってしまう・・・けど、ボコっと大きなニキビは恥ずかしい・・・目先の悩みを考えるか後のことを考えるか・・・と葛藤するのです。

白いニキビの芯だけなら出してO.K.

ですが、上手にニキビの“芯”(ニキビの中の膿)だけを押し出せば痕にならないで綺麗に治すことができるそうです。基本的に私たちが気にしていた“芯”は出しても良いのだそうです。

その代り、爪で押し出してしまうと爪からバイ菌が入ってしまい逆効果になってしまう恐れがあるので、専用の器具(丸い穴の開いた金属の棒「(名)コメドプッシャー」。薬局で手に入るそうです。)を使用すると良いでしょう。

器具が手に入らなかったら、綿棒2本で押し出してみましょう。綿棒を自分の指変わりだと思って動かすのです。

お風呂上りなどお肌が清潔で体温が高くなりお肌表面が柔らかくなった時に優しく押し出してみると良いです。それでもうまくいかなかった時は無理をしないでやめてください。

皮膚科でも同じ処置をしてくれるところがあるので、出来なかった場合は相談です。

ちなみに、中に白く膿のような物があるニキビに関してですので赤く炎症を起こしているニキビには通用しませんのでご注意ください。